2008年11月23日

シュガーマンのマーケティング30の法則


シュガーマン商品を販売する際、特にインターネットで商品を販売する際、一番重要となるのは文章力だと思います。

検索やバナー、メルマガなどクリックさせるのはキャッチコピーが重要ですし、販売ページに来てもその商品を買う気で来ている人はいいのですが、迷われているかたに背中を押して購入してもらえる確率をアップさせるのにはセールレターの出来が大きく左右します。

もちろん、物販ですと他のお店との価格比較で決まる場合も多々ありますが(その場合、大手のショッピングモールを回って、検索をして、結局、ヤフオクで購入という場合が多い気がします。ヤフオクの場合、市販品ですと2次の卸さんと同じ値段で売っている場合が結構あります。)そういったお客さんはセールスレターうんぬんより、値段を下げれば買いますからとりあえずは対象からはずします。お客さんの質自体もあまりよくなかったりしますし。

ネットビジネスでは集客して購入してもらう確率を現したものにコンバージョン率(レート)という考えがあります。

goo辞書によると

コンバージョンレートとは:企業Webサイトの訪問者数に対する、そのサイトで商品を購入したり会員登録を行なったりした人の割合

となっていますが、例えば検索広告を掲載して、販売ページに来てもらった人が100人、販売ページを読んで商品を購入してくれた1人とするとコンバージョン率は1%となります。

検索広告の1クリックの単価が100円、100クリックすると10000円です。
一方で商品の粗利が10000円だとすると利益が0円になってしまいます。
これを販売のページを改善して50クリックで1人、商品を購入してくれるようにすると利益が5000円生まれます。

こうした例からわかるようにセールスレターの出来はネットビジネスでは大きく影響を及ぼします。もちろん、DM、雑誌広告、チラシなどなど広告にかかわるものにとってすべて重要な要素ではあるのですけれど・・

続きを読む
posted by bizlog at 21:19| ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

ザ・シークレット

ザ・シークレット
今週、ふとしたきっかけで、「ザ・シークレット」という本を見つけて読んでいました。

読み出したら止まらない位、はまりました。
あらゆる自己啓発書のネタ元といってもいいくらいの内容です。

続きを読む
posted by bizlog at 19:21| ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。