2009年03月04日

UPSという言葉を知っていますか? 1

UPSは海外のビジネス書では必ず出てくる言葉です。

あるアメリカの有名なマーケティングコンサルタントは、

「UPSがなければビジネスはやるな」

とまで言っています。

UPSはそれくらい大事な概念だと言うことです。

じゃあ、UPSは何かということですが、日本では

ユニークセリングポジション

と訳します。

カタカナ読みしただけなので意味がわからないと思います。

続きを読む
posted by bizlog at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

違いを知る


前回、情報商材を活用するには、自分で考えることが大事だというはなしをしました。

情報商材に限らず、あらゆる媒体に当てはまることです。

あなたが読んでいるこの記事もそうです。

重要だな、何か違うなあと感じたら、なぜなのかを考えて下さい。

人気のあるブログ、メルマガ、更には人気ある本でも何かが違うわけです。

身近にいる一歩抜きでているあなたの友人でもです。

何かが違うから人より一歩抜きでている。

その何かを考えることが重要です。

その何かに気づくか気づかないかによってビジネスの成果は大きく変わってくると思います。

ビジネスだけでなく、仕事でも、趣味でも、プライベートでもです。

続きを読む
posted by bizlog at 10:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

情報商材の選び方、生かし方その2

◆情報商材を買った後の、あなたの行動も重要です。

情報商材って手とり足とり解説しているものがほとんどです。

先ほどあげた、フリーメールの取り方なんていうのも解説しています。

非常に親切ではあるのですが、ここにちょっとした、落とし穴があります。

それは

すべてを解説してしまっているので、自分が考える余地がない。
そのため、思考停止状態になり、その商材に頼りきりになるこになることです。

そして、うまく行かなかったら商材のせいにして、また、次の商材。

これもダメだとまた次の商材。

こうなってくると立派なノウハウコレクターですね?

ノウハウコレクターさんのことを否定はしません。

自分も経験があるからです。

自分がどういうことをしたいのか?

はっきりさせないと、同じことの繰り返しになります。

続きを読む
posted by bizlog at 08:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

情報商材の選び方、生かし方その1

◆最近、ネットビジネスを実践していて、思うことがあります。

それは、「ネットだと何でもかんでも人に聞いて、自分で考えない人が多すぎる」ということです。

ちょっと極端な例ですが、フリーメールの取り方、ヤフーオークションのIDの取り方を解説しているサイトや無料レポートを見たことがあります。

これって小学生でもできることですよね?

解説している本人は、アクセスアップや集客目的で書いているのでしょうが、こういったサイトやレポートがあるというだけでも驚きです。

こういった態度はマジでやばいです。
リアルではありえないですから。

自分も情報商材や無料レポートを参考程度に読んだりはします。
あくまで、参考にしかならないと思っています。

というのは、そこに書かれている方法を忠実に実行しても、絶対に儲からないからです。

よくて、お小遣い程度の報酬を得ておしまいです。

セールスレターにどんなすごいことが書いてあってもその程度のものだと思います。

たとえ、定番、王道と言われるものでもです。

・どんな情報商材を買うか?
・それをどう生かすか?

それは、自分次第です。

ネットの情報に呑まれて、思考が停止していませんか?

こういった状況の時が一番やばいです。

一度、パソコンからから離れて、クールダウンすることをお勧めします。

続きを読む
posted by bizlog at 21:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

事例研究 Amazon その2

◆一度訪問したお客さんを逃さない工夫

Amazonの商品ページに行くと、関連商品ズラーっと出てくるのに気づくと思います。
「この商品を買った人はこんな商品も買っています」、「あわせて買いたい」、「この商品を見た後に買っているのは?」など切り口を変えて関連商品のリンクがたくさんと紹介されます。

お客さんはアクセスした商品が思っていたのとは違うと感じたら、関連商品のリンクをクリックするわけです。

特に書籍は似たような内容が多いわけですから、どれがいいかよくわからない時に、他の商品と比較するわけです。

現在、あるものをほとんど見たら、その中から1冊見つけて買ってしまうわけです。

また、購入を決める判断材料になる、レビューももちろんついています。
レビュー読んで買うというパターンは本当に多いと思います。
商品説明のページってどこか疑って見ていますからね。
そこにレビューを乗せて背中を押すわけです。

続きを読む
posted by bizlog at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

事例研究 Amazon その1

◆今や、ネットショッピングの代表的サイトとなったAmazon。

実は、開業以降、かなりの間、赤字続きだったことをご存知でしょうか?

ネットバブルの時に開業したAmazonは、投資家の熱い期待を受けて巨額の資金
を得て、ネット専業の本屋さんとして、華々しいデビューを飾りました。

ただ、知っての通り、本の単価ってすごく安いです。

1冊売っても利益が何百円という世界です。

ネットでの集客コストは、商材にもよりますが、だいたい一人あたり5000円と言われています。
書籍の場合はもう少し安いとは思いますが。

利益が数百円で集客コストが5000円です。
しかも、ネットの場合、配送料もかかります。

ということは、お客様を一人集める毎に、大赤字になってしまいます。

続きを読む
posted by bizlog at 18:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

ネットにおける、キーワードの意味をちゃんと理解していますか? 〜スモールキーワード〜

・スモールキーワード

スモールキーワードは足痩せダイエットのカテゴリーでいうと「足痩せ 方法」、「足痩せ 食事」、「足痩せ 効果」などかなり具体的なキーワードになります。
キーワードをみただけで、訪問者がどんなことがしたいかわかりますね?

じゃあ、スモールキーワードでサイトを作れば、目的の訪問者を集められるかといえばそれもなかなか難しいです。

というのは、足痩せ方法だけのキーワードでいくつも記事を作るのは難しいからです。

スモールキーワードは記事だけに使う場合が多いです。

スモールキーワードでアクセスを集めたいと考えたならば、その関係の記事を増やしていって下さい。

記事が多ければ多いほどそのキーワードでのアクセスは増えます。

続きを読む
posted by bizlog at 09:40| アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

ネットにおける、キーワードの意味をちゃんと理解していますか? 〜ミドルキーワード〜

・ミドルキーワード

ミドルキーワードはダイエットのカテゴリーでいうと、足痩せダイエット、部分やせダイエット、小顔ダイエット、ピラティス、低インシュリンダイエット

などダイエットの中でも特定のジャンルに絞ったキーワードになります。

例えば足痩せダイエットのキーワードで検索する場合、

・足痩せダイエットとは何か

・足痩せダイエットの方法

・足痩せダイエットの効果

・足痩せダイエットの口コミ

・足痩せダイエットのグッズ

などかなり具体的になってきましたね

それでは実際に足痩せダイエットで検索してみましょう。

足痩せダイエットの検索結果

どうですか?
訪問者は1ページ目、2ページ目当たりまでしか検索結果を見ないのでそのあたりのサイトを中心に見て下さい。

続きを読む
posted by bizlog at 14:03| アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

ネットにおける、キーワードの意味をちゃんと理解していますか? 〜ビッグキーワード〜

ネットの世界は基本的に文字の世界です。
何をするにしても、文字を書かなければはじまりません。

文字を書いて初めて、自分の意思を表現できます。

メールでもそうですし、掲示板でもです。

これがインターネットで調べものをするということになるとキーワードになります。

自分の意思をキーワードにして、検索エンジンの検索窓に入力するわけです。

それがどんなに長い疑問文であってもキーワードという形になります。

そしてキーワードにもよりますが、何千、何万というサイトが検索結果には表示されます。
その中からからあなたのサイトを訪れるわけです。

このサイトも例外ではなく、何万分の1の確率であなたは到達したわけです。

ということは、サイトを運営するにあたって、キーワードはすごく重要になります

基本的に訪問者はキーワードを頼りにネットでの行き先を決めるというわけです。

検索時の訪問者のキーワードに対する意識は強く、訪れたサイトがキーワードと違うと感じたら一瞬でサイトを閉じてしまいます。

それくらい、キーワードは重要だということをしっかり頭に入れておいて下さい。

続きを読む
posted by bizlog at 21:21| アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

HTMLやCSSを1から勉強してカッコイいいホームページを作るには? その2

3.ホームページを作る。

ブログは基本的に日記です。日記を主体に様々な人とコミュニケーションをとることがメインです。特定のカテゴリーに絞ったサイトを作るのはホームページが基本です。

最近、アフィリエイターさんたちがSEOと称してスパム記事を連発したおかげで検索エンジンのブログに対する評価は低いものになっています。

メジャーなサイトのほとんどがホームページになっています。敷居の高い分、良質な記事が多いとの判断なのでしょう。
もちろんブログでも本当に役立つ記事をたくさん書いていれば評価はされます。

ブログは基本的に日記なので特定のジャンルを解説したサイトを作るには馴染まないです。

そこでホームページが必要になってきます。

特にネットでビジネスをやる場合はホームページは必至ではないかと思います。

会社案内がブログ、販売サイトがブログでは恥ずかしくてしょうがないです。

さて、ホームページの作成方法ですが、最初はフリーのテンプレートを利用しましょう。
ブログをカスタマイズした要領で作成できます。
練習のために使うのもいいと思います。

そのことでデザイナーさんが作った多くのテンプレートのソースを知ることができます。

それなりにまとまったデザインも勉強できます。
素人が運用するのでしたらこのレベルで十分ではないかと思います。
ただ、著作権表示のリンクは必至になります。

たいていの場合、フッターに表示するので目立たないのですが、どうしても気に入らない人もいると思います。
その場合はホームページのテンプレートを買うか、アイコンなどの画像を除いてすべて自分で作ることになります。

ここまでくると自分でソースを組み立てて、ホームページを作ることは十分可能だと思います。
けれど、デザイン面で納得いかない場合があるのではないかと思います。

続きを読む
posted by bizlog at 09:17| アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。